ラッピングカーの魅力とは?
2018年6月12日

路線バスのラッピング広告について

路線バスは全国各地で走っています。

特に、電車の線路のない地域においては路線バスは生活の足として欠かせません。昔ながらのバスはバスの車体に会社名が入り、路線はこの会社のバスが走っているとよく認識させられたものです。

最近は、様相が変わり車体にさまざまな広告物が掲載されているのをよくみかけます。これはラッピングといい、バスの車体に宣伝広告を貼りつけ会社やイベントなどのPRを行う変わりに、広告の事業主体がバス会社に対して広告料を支払うものです。最近では、学校や医療機関などの宣伝のほか選挙の投票を呼び掛けるためのラッピングなどさまざまな用途に活用されている事例が目立ちます。

最もオーソドックスな事例は、学校の宣伝用に使われるラッピングです。この場合は、路線バスと学校に入学される方が多い地域又はニーズを掘り起こせる地域に宣伝します。年間を通じた広告が見込まれるため、バス会社としては大きな収入源となります。一方で、一時的なイベントにもよく活用されます。

その例で挙げられるものは、選挙の投票日を記載した路線バスのラッピングです。選挙期間中には、別途自治体に予算が配分されるため、複数の箇所に貼りつける例があります。臨時的な収入源として貴重なものとなります。

このように、路線バスのラッピングはさまざまな事業者や事業内容を主体として広告収入をあげることとなっています。特に、地方活性化を行うに辺り力のある事業主とタイアップすれば地元の活性化に大きく貢献する現代的な事業といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *