ラッピングカーの魅力とは?
2018年7月6日

中古で購入した配送車両もラッピングで鮮やかに

企業にとって様々な場面で欠かせないトラックは、中古市場でも多くの車両が出回ってしまいます。

国産車両であれば耐久性も高いため走行距離が多少長くとも十分乗りこなすことができるでしょう。ただ中身は良くとも外見の劣化となると話は別になります。道を行き来する社用車は消費者が毎日のように目にするため、会社の顔といっても過言ではありません。

にもかかわらず薄汚れた車両を走らせるようでは信頼が落ちてしまいます。かといって社名を掲示せずに済ませるわけにもいきません。古びた配送車両はラッピングを用いて鮮やかにリニューアルさせるべきです。

この方法の利点は全面塗装よりもコストが安くなるということに尽きます。施工日数も削減されますから、即座に実戦投入できることも見逃せないメリットです。さらに配送車両におけるラッピングは精密なデザインを採用することができます。手の込んだイラストやロゴを使いたい新進企業にとっては、またとない広告媒体となることでしょう。配送車両のラッピングは当然ながらシールを貼り付けるように簡単なものではありません。

少しでも皺や気泡が入れば全て台無しになってしまいます。トラックなどは車体が大きいため、失敗時にダメージも相当です。やはり専門的に手がけている専門ショップに任せるのが賢い企業というものでしょう。剥がすことも比較的容易にできますから、イベント時に換装するという使い方も可能です。配送車両のラッピングは機会損失を未然に防ぐ、コストパフォーマンスの高いものに他なりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *