ラッピングカーの魅力とは?
2018年7月15日

走る宣伝広告塔ラッピングトラック!

大抵のトラックは荷物を収納して運ぶ目的で作られていますから、多くは箱型で広い平面が複数あります。

この平面部を広告宣伝に使うべく、さまざまなデザイン・カラーで人目をひくものがラッピングトラックと呼ばれているものです。これは収納室そのものにペイントするわけではなく、印刷された特殊なフィルムを貼り付けているだけですので、所定の目的を果たしたら簡単に剥がして元に戻せます。

そしてまた新たな宣伝した事項を印刷したフィルムを貼り付け、街中を走れば多くの人目に付く宣伝広告車になるのです。期間限定で使用したり、新商品がリリースされる都度にこれを行えば、走る広告塔となりますから大変なPR効果を持ちます。特に大型のトレーラーなどは広大な面積のスペースがありますから、インパクトのあるデザインや写真のもので一度見たら忘れられないほどの効果を発揮することが期待できます。

またこの大型トラックを主要都市や高速道路などを走らせれば、国内の多くの人に対して宣伝できますから更に効果は抜群です。今現在大きな輸送会社のものでも、自社会社のロゴPRくらいにしかこの手法を使っていませんから、この宣伝効果はかなりのものと言えます。

静止している大型ディスプレイで同じことを行うよりも、移動するトラックで同様のことを行った方がより人目につき、多大な宣伝効果を持つと考えられます。更にはラッピングそのもののコストもそれほどかかりません。また張替えも比較的簡単にできますから、張替え時間による時間ロスもそれほどかかりません。

またラッピングフィルムを張替える会社を複数と契約しておけば、剥がしたらすぐに別の宣伝したいものが印刷されているフィルムに張替え、また時間が来たら別のフィルム会社にて張替えなどという時間ごと、期間ごとの宣伝も1台のトラックで行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *