ラッピングカーの魅力とは?
2018年8月9日

配送車にラッピング広告を施すと宣伝にもなります

物流会社を初め、製造を行う会社などでは配送車両が必ず必要になります。

定期的に同じルートを回る車もあれば、不特定多数の場所を配送しながら回るケースもあるなど様々です。ルートを回るケースもあれば色々な配送先に回るケースもあるわけですが、2トントラックのコンテナには社名が記載してあることも多いと言えましょう。しかし、社名だけでなく広告を記しておけば、道を走る時など多くの人々の目線に入ることになり宣伝効果を期待することも出来ます。

配送車両への広告はペイントを使ってしまうと後で元に戻す時手間暇がかかりますし、場合によってはきれいに落とせないなどからも、簡単に広告を車両に施すことが難しいと考える企業担当者も多いと言えましょう。塗装してしまうと配送車のボディはきれいに落とせないこともありますし、うっすらと残ってしまうと車両を売却する時など査定評価に響いてしまうことにもなりかねません。

最近はラッピングを利用した広告掲載手法に注目が集まっており、一度車両に貼り付けたラッピングはきれいに剥がすことが出来ますし、車両の表面を傷つけずに済むなどのメリットもあります。ラッピングはフィルムに印刷を施して、そのフィルムを車両に貼り付けているため、ペンキなどを使っているものとは異なり、車両自信に塗布していないなどからも、広告を剥がす時にも簡単に出来る魅力を持ちます。特に、1カ月単位で広告を変えたい時などはラッピングが経費の節約にも繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *