ラッピングカーの魅力とは?
2018年8月21日

配送車両のラッピングが人気

配送車両であるトラックの荷台の箱の部分を広告に使う車両を最近見かけることが多くなりました。

‘ラッピングトラック’と呼ばれていますが、走る広告塔として人気を集めています。ラッピングを注文した顧客が、広告を見てほしいと考える人々が集まる街を指定して走らせることができるので効率の良い広告メディアとなります。奇抜なデザインを施したりライトを付けたりして歩く人の目を引き付けます。普通の配送車両としても、自社の社名やブランド名をラッピングして走らせることで、街の人に親しみをもってもらえたり、知らない人に周知させられる利点があります。

配送車両は社会にとって必要な仕事ではありますが、仕事をするには道路に駐車せざるを得ず、少なからず街の交通や歩行者等に迷惑をかけてしまうものです。可愛らしいデザインや親しみのわくキャラクターなどが描いてあれば、良いトラックかなと思ってしまうものです。最初に行う作業としてはトラックに印刷したデザインのフィルムを貼り付けるだけなので、ボディに直接ペイントするよりもお手軽な作業になります。まず作業時間が大幅に変わります。

ペイントするには数日かかりますが、ラッピングならパソコンにデザインを入力するため、色や細部の変更もすぐにできますし、フィルムに印刷するのもあっという間にできます。フィルムを貼り付けるのは2~3時間程度と考えていいので、日々の配送作業にロスすることなく作業が終わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *