ラッピングカーの魅力とは?
2018年9月3日

コミュニケーションツールとしてのラッピングカー

ラッピングカーは会社が地域や顧客に向けて発信するコミュニケーションツールのひとつで、企業の取り組みやメッセージなどを伝達する手法です。

企業の情報発信はテレビや折り込み広告などの宣伝から、ウェブサイトやチラシやフライヤーなど方法はたくさんあります。その中でも屋外広告や看板、のぼりや旗に至るまで、企業のコミュニケーション方法は多岐にわたっています。

テレビのコマーシャルなどはたくさんの人が見るために宣伝効果は高く、支持を受けると流行の先端で圧倒的な人気を得ることができます。人々の興味をひく表現はたくさんの支持を受ける可能性があり、話題を知らない人でも人気商品であればすぐに影響を受けます。ラッピングカーのインパクトは、表現の特異性からくる認知度の高さです。

会社の名前を単純にデザイン化してラッピングするだけで、デザイン自体に興味を持つ人もいて、共感できる人は会社にも関心を寄せてきます。支持が増えてくると会社の人気も高まり、商品の売り上げも上がる可能性があります。企業だけでなく目立ちたい人は、個人でも自分が所有する車に好きなデザインをラッピングして自己主張しています。

観光地ではラッピングカーを利用して、ストーリー性を持たせたデザインを採用したり、バスや列車など大型車両にもラッピングを施してアピールしています。たくさんの人にアピールを目指すのであれば、ラッピングカーを利用した営業活動は、会社のメッセージを発信できる新しいツールになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *