ラッピングカーの魅力とは?
2018年9月21日

車両にラッピングするとは

ラッピングと言うと、お店で買い物をした時に包んでくれるすこし綺麗な袋をイメージする人が多いと思いますが、車両にラッピングするとなるとどうでしょう。

車などを透明な包装フィルムで包むのもイベントなどの展示物としては面白いかもしれませんが、そうではありません。ラッピング広告というものがあり、大きなサイズの広告を車両に貼り付けることを指します。それを施す車両と言えば、例えば飛行機や電車、フェリーなどの他にもバスや乗用車などがあります。

どれも車体が大きいですし、また多くの人が日々利用するものです。それに飛行機やフェリーなどは別ですが、その他は普段目にする場所を走行したりもします。そのため多くの人の目にとまる可能性が高いのです。鉄道会社やバス会社もラッピング広告を募っていたりもします。路線バスなら毎日走りますし、車高が高いので目立ちます。

会社で営業車や配送車、トラックなどを保有していれば、その車体に自社製品の写真やサービスの広告を施すのもいいかもしれません。またイベントを開催することになれば、貸切バスを借りてラッピングを施し、前もって街中を走らせることも、その告知のために役立つでしょう。

それを見た人たちが写真を撮影し、ブログやSNSを使って広めてくれるかもしれませんし、自社のSNSページでは情報発信のネタになります。さらにイベント当日にはそのバスで駅からの送迎に使うと、来場者は迷わずにそのバスに乗ることが出来るはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *