ラッピングカーの魅力とは?
2018年9月24日

あらゆる車両に広がるラッピングに注目

「ラッピングカー」というワードを聞いたことがある方は意外にも少ないようです。

しかし、街を走る路線バスの大きな車体を広告に利用して、可愛らしいイラストをあしらった車両が注目を集めたり、会社のPRとしてトラックにラッピングを施して宣伝に利用している企業の車を街中で見かけた事があるのではないでしょうか。

さらには、「痛車」としてアニメやゲームのキャラクターで自分の車を彩り個性を強調したり、皆であつまり交流やイベントに持ち込みアピールしたりするユーザーもおられます。自動車だけでなく電車や飛行機なのにも用いられており更なる幅の広がりを見せると共に、思いのほか身近な存在になっているのです。

こうした車両に対してラッピングを施すメリットは、その宣伝効果に対する利便性と価格を両立したコストパフォーマンスにあって、既存の車両の表面にフィルムを貼る事で見た目を大きく変える事ができますし高級塗料や高度な塗装技術を用いて塗装を施すよりも安価で時間もかかりません。また、一度貼ったフィルムを剥がす事で元通りの車両に戻す事が出来る点も優れている点であり利便性が高い理由です。

特に近年はフィルム自体の改良もあり若干の伸縮性を備え複雑な形の車にもキレイに貼る事ができるようになり、フィルム自体の耐久性、耐候性も向上しており地域によっては気温が40度を超えたり、非常に雪深い地域など様々な状況下を想定しなければならない日本でも積極的に利用されていて、飛行機やレーシングカーなど特殊かつ過酷な状況でも用いられています。是非企業のPRなどに利用して見ませんか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *