ラッピングカーの魅力とは?
2018年10月6日

車にラッピングを施すことは個人でも出来る!?

車を楽しむ人は世の中に大勢いますが、その外観の色やデザインに飽きてしまったと言うことで、すぐに買い換える人はそれほどいないと思います。

しかし同じ車種だと外観は同じになるので、ちょっと変えてみたいという人はいるはずです。それゆえにタイヤやホイールを交換してみたり、内装を変える人も沢山います。そういった人の中で外観を大きく変える人もいます。それは塗装で色やデザインを変えるのではなく、またステッカーなどを何枚も貼るのではなく、ラッピングをするのです。塩化ビニールのシートに色やデザインを印刷し、それを貼り付けるのがラッピングです。

シートの裏はシールのようになっておりボディーに貼り付けられるのです。印刷はプリンターで行います。もちろん家庭用で使われるB5やA4用紙を印刷するものではなく、大判プリンターで行います。印刷面はむき出しにしておくと色が取れてしまうので、保護用として印刷面の上に透明な塩化ビニールのシートを貼って被せます。それは紫外線による劣化を少なくする効果もあります。車のボディーはご存知の通り、平らではなく緩やかなカーブを描いていたり、端の部分では強く丸みを帯びていたりしますが、シートは柔らかいので曲げて貼り付けることが出来ます。

時には熱を加えて貼り付けやすくしたりもします。このように手軽に出来そうな感じがするので、個人でラッピングを行う人もいます。自分の想い描いたものをボディーに施せるので、楽しいですし、満足感も大きいと思いますが、慣れないうちは失敗も多いでしょう。また大判プリンターが無ければ、車全体に施すフルラッピングは難しいです。フルラッピングともなればやはり専門の業者に依頼して行ってもらったほうが失敗もないですし、いいと思います。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *