ラッピングカーの魅力とは?
2018年10月15日

新しい宣伝広告媒体「車両ラッピング」

新しい宣伝広告媒体として様々な企業などのクライアントに期待されている「車両ラッピング」ですが、バスやトラック、乗用車などのボディに、クライアントの要望するデザイン(企業ロゴや商品ブランド等)が描かれた特殊なフィルムを貼り付けるだけで「走る広告塔」となるものです。

車両ラッピングによる広告効果を最大限にするためには、ターゲットに応じた最適なルート・時間・台数を設定できるプロデュース力が必要です。例えば路線バスのラッピング広告であれば、運行路線の街の性格(オフィス街・繁華街・住宅街)によってクライアントやデザインを変えた方が効果的であり、その街の人々が何を望んでいるのかを調べることが大切です。

バスやトラックなど車両により形態が異なります。フィルムには伸縮性があり熱を加えれば伸びるため、凹凸があるようなボディなどどのような形状でもフィットできるようになっています。剥がす際にも痕が残ることがないので、デザインの変更などが容易にできます。

これは塗装によるデザインに比べて圧倒的に手間と時間を減らせます。車両ラッピングは自社所有のトラックや営業車が使用できることが大きなメリットです。利用方法として企業設立や社名(ブランド名)変更などや、新商品の発売やイベント・キャンペーンの告知などで世間に周知させたい時に使います。営業活動で移動している車が広告活動もしてくれるなんて経費節減につながりとても素晴らしいことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *