ラッピングカーの魅力とは?
2018年11月12日

車両のラッピングを長持ちさせる方法

車両のラッピングをできるだけ長持ちさせられるなら、再び施工するまでの期間を先延ばしにできます。

すると費用の節約になるので覚えておくと良いでしょう。中でもラッピングに紫外線を当てないようにするのは有効です。もちろん車両は外を走るわけですから、一度も太陽光を浴びないわけにはいきません。しかし使わない時には車両を屋内に入れておくだけでもずいぶんと変わってきます。

色落ちするのを遅らせられますし、風で飛ばされた小石などからもラッピングを守ることができるからです。他にも洗車する際には一工夫しておくと、長持ちさせられる確率が高くなります。汚れを落としたいからと、力を入れて擦ってしまう人もいるのでしょうが、剥がれてしまうことがあります。もちろん表面にはコーティングをしているので、簡単には取れるものではありません。

ところが繰り返し磨いているとどんどんコーティングが薄くなりやがてラッピングに達してしまうのです。可能なら水洗いだけにしておくのが無難ですし、洗剤を使う際にはあまり洗浄力の強いものは避けておきましょう。それからラッピング自体には触れないようにしておくのも大切です。

手の油が原因で剥がれることもあれば、色褪せる場合もゼロではありません。加えてドア付近のものに関しては衣服が当たり傷がつき、そこから取れてくるといったことも考えられます。ドアの取っ手にも施工しているなら、ハンカチを巻いて触れるなどの一手間をすれば長持ちさせられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *