ラッピングカーの魅力とは?
2018年11月21日

営業車にラッピングで知名度アップ

会社の営業車にラッピングを施すことで移動中に人々に見てもらうことができるようになりそれをきっかけに会社の知名度を上げる効果を期待することができます。

そもそもラッピングとは市営バスに塗装の代わりに施されたもので、塗装と違い専用のフィルムに文字やイラストを印刷したり、カッティングシートを必要な形状にカットしたものを張り付けるものでコストが塗装に比べ車全体に施さない限り安く済ませることができる、フィルムを張り付けるため車にキズや直射日光から守ってくれる、フィルムを剥がせば元に戻すことができるというメリットと耐久年数が3年程度なのでメンテナンスが必要になってくる、事故などで傷つけた際に部分的な修復が難しいというデメリットがあります。

営業車にラッピングを施すことで知名度が上がる理由としては会社の名前や電話番号をラッピングすることができるようになるため営業車で移動するだけで会社の名前や電話番号を覚えてもらうことが可能です。さらにインパクトのあるイラストなどを交えることでより営業車を見た人の記憶に残すこともできます。ラッピングはカッティングシートを切って張り付けるだけなので会社の名前や電話番号を入れるだけであれば簡単に行うことが可能です。また専用の会社に頼めばイラストを入れたり、全体的なバランスや広告やり方など総合的なアドバイスを行ってくれます。専門の知識などを持ち合わせているため一定のクオリティを期待することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *