ラッピングカーの魅力とは?
2018年12月3日

車両ラッピングとカラーリングの基本

カラーリングを工夫することで車両ラッピングの宣伝効果を飛躍的にアップさせることができます。

これはポスターやチラシなどの宣伝広告などにも言えることなのですが、デザイン・レイアウトを行う際には基本的に3つのカラーを意識する必要があります。そればメインカラーとベースカラーそしてアクセントカラーと呼ばれるものです。まずメインカラーは企業などのロゴに用いる色となり、ブランドイメージに大きく関わってくるため、最初に決めなければならない色となります。

安心感を与える青や明るく活発なイメージの黄、情熱の赤や高級感を感じさせる紫など、色にはそれぞれ人に与えるイメージが異なるので、よく考えて決めることが大切です。次にベースカラーですが、これは背景などの多くの部分に用いられる色となります。ベースカラー選びで注意しなければならないのは、メインのロゴや文字が目立たなくならないようにすることです。そのためあまり濃い色や強調しすぎない色が使われるのが一般的です。

さらにアクセントカラーというのは、広告の中で注目してほしい部分に用いる糸で、メインカラーと色相の離れた色にするのが良いとされています。このような様々な色の持つ特性をよく理解した上で、車両ラッピングに使用するカラーを決めていくことになります。よくわからないときは、専門業者スタッフと相談してみる必要がありますが、その際にはこのようなカラーリングの専門的知識を持っている車両ラッピング業者を選ぶことが大切です。
車両のラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *