ラッピングカーの魅力とは?
2018年12月6日

車両ラッピングは自分一人でも可能か?

ボディカラーを変えたり、好きなデザインの絵や写真をボディに貼ったりすることで、オリジナリティに溢れる車に仕上げることができる車両ラッピングが注目されています。

専門の業者も少しずつ増えてきており、特に営業車やイベント車、また路線バスなどでよく見かけるようになってきています。ところで専門の業者にラッピングの作業を依頼すると、軽自動車でも30万円以上の費用が発生します。大型車両になると80万円前後もしますので、どうにか自分で行うことはできないのだろうかと考える人もいるのではないでしょうか。ネットなどで情報を探してみると、DIYでラッピングを行う方法が解説されていたりします。

しかし、その方法を見ていると決して簡単そうには見えないことが多いです。もし失敗すれば、せっかく購入した専用フィルム代が無駄になってしまいます。しかし業者に頼むと比較すると、10分の1程度の費用でできるのはDIYの魅力です。車両全体ではなくワンポイントだったり、ルーフだけとかボンネットだけというような部分的なラッピングであれば、自分で行うこともできるかもしれません。

トライしてみるだけの価値はありそうです。ただワンポイントで行う場合を除いてラッピングを行う場合は、両側から2人で持ち伸ばしながら行っていく必要があり、1人では行うことはできません。もし協力者がいない場合は費用が発生しても無理に一人で行わないでプロの業者に作業を依頼するのが無難でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *