ラッピングカーの魅力とは?
2018年12月12日

車両ラッピングとザイオンス効果

ザイオンス効果という言葉をご存知でしょうか。

これは接触機会が増えれば増えるほど、その触れたものに対する印象度も高くなるという心理現象のことを言います。CMなどを利用して何度も同じ商品を宣伝するのはそのためです。視聴者は一度ではあまり印象に残らないものでも、何度も目にしていくうちに高感度が高まっていくことが期待できるのです。このザイオンス効果は車両ラッピングでも期待することができます。

例えば同じルートを走行する配送車両や、特定の地域を走行する営業車両などにラッピングを施せば、その地域の人たちが自然に何度も目にすることになるので、ザイオンス効果も自ずと期待することができるわけです。これにより自社のイメージアップを図ったり、商品の宣伝を図ることができます。これはラッピングカーの効果的な用い方と一つと言えるでしょう。ただ、ザイオンス効果には注意点もあります。

あくまでも印象度をあげるためのものなので、一歩間違えると悪い印象を高めてしまうこともあり得ます。そのためデザインを工夫し、良い印象を与えるものにしなければなりません。ターゲットを絞っていくことも大切ですし、どのように宣伝効果を高めたいのかを考えることも大切です。ラッピングカーは動く広告塔としてのザイオンス効果が期待することができるという点で、他の一般的な広告にはない魅力があります。大きな可能性を秘めていますので、営業車の今後の活用に生かしてみてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *