ラッピングカーの魅力とは?
2018年12月15日

車両ラッピングの施工方法やメリットを知る

皆さんは、街を歩いているときに企業のロゴやミュージシャンの新作CDの宣伝が書かれた車両や、大型イベントの告知をする電車などを見たことはないでしょうか。

こうしたラッピング車両で広告活動を行うことは今ではおなじみとなっており、様々な企業や団体が使用しています。ラッピング車両による宣伝は、広告を出す場所を確保しなくても良いことと、車両は色々な場所に移動するため、不特定多数の人に宣伝を見てもらえるなど様々なメリットがあります。特に全国に支店や営業所などがある運送会社などはその不特定多数の幅が全国レベルで広がることになり、その宣伝効果は計り知れないものになります。

そんな効果の高いラッピングによる広告ですが、どういった方法で施工するのでしょうか。まずどのような車にラッピングを施したいのかという事から始まります。一般的に軽乗用車などの営業車クラスから、トラックなどの大型のものにまで対応している企業がほとんどで、そこからさらに全体に施すのか、ボンネットだけにするのかという事を確認します。

そして貼り付けたいデザインを車体に合わせた倍率に拡大し、貼り付ければ完成です。カーラッピングはこうした企業の宣伝だけでなく、一般の人にも広く使われています。宣伝効果といった他にも、フィルムを貼ることで車体に小石などが飛んできてもボディをガードしてくれたりといった役目もあり、剥がしても跡が残りにくく、車の価値を下げないという事もそうした要因の1つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *