ラッピングカーの魅力とは?
2019年1月24日

車両ラッピングの市場規模

日本ではまだ知名度が低い車両ラッピングですが、世界規模で見るといま急増しています。

アメリカの市場調査によると、2014年の車両ラッピングの市場規模は全世界で9億900万ドル(約1000億円)に達したということで、そのうち約4割をアメリカが占めています。今後さらに増え続け、2022年までには現在の市場規模の7倍にまで膨れ上がると予想されていますが、ちなみにアジア全体の市場規模は約160億円となっており、その日本と中国が中心です。

車両ラッピングを活用理由では、宣伝広告などの商業使用が最も多くなっています。バスやトラックなどの大きな車体に宣伝広告を印刷したフィルムをラッピングすれば、まさに走る宣伝広告として大活躍できます。走るコースによって人の目につく割合は変わってきますが、通常動かすことができない広告を動かすことができるというので、今までにない効果が期待されます。

またビルや駅などでは予算が足りずに広告を出すことができなかった小規模な事業者でも、この車両ラッピングは利用しやすく、不特定多数の人たちに効果的に宣伝を行うことができます。あるデータによりますと、1日の広告効果は3万人から7万人に達するそうです。今後、日本市場でもさらに需要は増え、2倍3倍と大きく普及していくことが期待されています。それに合わせてフィルムの品質もアップし、より加工しやすく、より耐久性の高いものへと改良されていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *