ラッピングカーの魅力とは?
2019年2月12日

ラッピング車両による広告で自動車関連費の効果アップ

店舗経営に限らず、サービス業やネットショップでも企業の認知度アップは売上向上にむずびつくために企業は広告を行います。

広告にはテレビ広告や電柱広告、チラシやネットなど様々なメディアがありますが、多くの場合は一定の期間や回数掲載することで費用を支払います。そのため、その間にいかに多くの人の目に触れることができるかが効果を左右しますが、ラッピング車両は一度ラッピングを施せばその車両を買い替えるまでの間効果が持続します。

一方で、自動車は購入するだけでなく所有している間、自動車税や任意保険などの自動車関連費がかかり続けます。配送や営業に使うだけでは自動車関連費用は運送費や交通費の代わりにしかなりませんが、ラッピング車両ならそうこうするだけで広告効果が期待できるし、移動する場所や時間が増えるほどその効果は大きくなります。スポットで契約する広告費の代わりに、移動距離や時間が増えるほど効果が大きくなるラッピング車両で、自動車関連費の費用対効果も向上します。

なお、ラッピング車両は会社の名前を背負って公共の場を走るので、無謀運転やマナー違反、違法駐車などは会社の信用を落とす結果にもつながります。一方で譲り合いなど、マナーのいい運転をすれば単に名前を見せて走る広告効果だけでなく、会社の姿勢を世間に示して感謝や尊敬を得ることもあるので、会社の名前を書いた車を運転していることをドライバーが忘れないことが効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *