ラッピングカーの魅力とは?
2019年3月18日

車両のラッピングを行う

街中でよく見かけるラッピングされた車両を利用した広告は、様々な効果を持っているので多くの企業が利用しています。

車両ラッピングの先駆けとも言えるアメリカでは、人々がどのくらいラッピングカーを街中で見かけているのかを調査します。調査結果は国土の広いアメリカでのデータなので、国内と同じような人口密度の高いケースで当てはめるとさらに多く人とはラッピング車両を見かけることになります。多くの営業所を持っている企業が、車両ラッピングの活用をすることでコストのロスをしているケースもあります。各営業所ごとにロゴを管理しているので、イメージでもあるロゴ色・形までバラバラになっているケースです。

これにより営業所ごとに費用にばらつきがあったりコストが高いものになっていました。企業が合併したことにより、ロゴが変更・社名年功によって管理することも大変です。担当している部分を一括で管理して、全ての営業所でも全く同じものを企業イメージの統一化として使用することで必然的にコストも削減することができます。

物流・運送会社などは自社で所持している車両が多いため、このような媒体を利用することでさらに効率の良い経営が可能となっています。企業がイメージしている告知や目的にしている媒体としては、現在は特に当然のものとして受け入れられています。多くの場合自社が保有しているメディアに有効である戦略の導入が有効になっていません。特に車は人やもの・サービスを移動させる必要もなく、企業や顧客を直結させるハートフルなものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *