ラッピングカーの魅力とは?
2019年4月6日

燃料電池自動車について

燃料電池自動車は、水素を燃料電池に供給することで電力を生み、モーターを動かします。

2014年にトヨタが販売を発表したことで、燃料電池自動車の名前が知れ渡りました。トヨタ以外でもホンダや日産なども研究や開発を進めています。燃料電池自動車の最大のメリットは、環境に配慮していることです。燃料電池は水素と酸素の化学反応を利用して発電するので、地球温暖化を引き起こす二酸化炭素を排出しません。また大気汚染の原因である窒素酸化物も出ません。

化学反応によって発電するため、タービンやエンジンが必要なく、騒音を発生させないという特徴もあります。次に、発電効率が良いです。通常は、タービンを回す運動エネルギーを電力に変えます。一方燃料電池を使えば、化学エネルギーをそのまま電力に変換するので、エネルギーのロスを抑えられます。しかし、メリットが多い反面、デメリットもあることが、燃料電池自動車の一般家庭への普及を妨げています。まず、コストが高いことです。

現在燃料電池メーカーが再設計で部品数を減らすなどして、コスト削減を行っています。また国や自治体が補助金を出しており、車両価格を下げようと努めていますが、まだ一般家庭の手が届くレベルではありません。また燃料電池は永久的に使えるものではありません。種類や規模にもよりますが、寿命はおよそ4万時間です。初期投資に高額なお金を払っているので、燃料電池自動車を寿命まで使っても、ガソリン代より安くなるとは限りません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *