ラッピングカーの魅力とは?
2019年5月24日

車をラッピングするメリットとデメリット

最近そのニーズが高まりつつある存在に車の「ラッピング」があります。

車好きの方の多くがその存在が気になっていたことでしょう。一方で、その詳細がよくわからないがゆえにその利用の一歩を踏み出せずにいる方も多いかもしれません。そのような方にはぜひそのメリットデメリットをまずは理解するのがおすすめです。まず、カーラッピングを行う最大のメリットは、その名の通りはがしてしまえば元通りに戻すことができるその原状回復力の高さにあります。

また、「ラッピング」を施すことでチェックボディを飛び石や直射日光から保護することができる点もその利用をおすすめしたいポイントと言えます。それゆえに、車の買い替えを考えた場合にははがしてしまえば元通りに戻るうえに、もともとの車のチェックボディに傷がついていない状態になるので査定に影響を与えるどころかむしろ良い影響を及ぼす可能性がある点も見逃せないポイントです。加えて、通常の塗装では実現することができない表現が可能になる点もその利用をおすすめしたいポイントです。

特に、カーボン長のものなどはほかにはない質感を手に入れることができるのでそのような質感に興味を持っている方は多いことでしょう。このように良いところもたくさんある技術ではありますが、カーラッピングにはデメリットもある点には注意が必要です。具体的なデメリットとしては、例えばフルラッピングをした場合全塗装よりも高額な費用が掛かってしまう場合が多い点などがあげられます。また、耐用年数の目安は3年となるので定期的にその出費はかかり続けることになる点にも注意が必要です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *