ラッピングカーの魅力とは?
2019年6月15日

車のラッピングについて

車のラッピングというのは、車に特殊なフィルムを貼ることにより、ボディの色を変えたり、あるいはオリジナルのデザインを表現したりすることができるものです。

ラッピングフィルムは、色や画像のデータがあればそこからプリンターで印刷して作ることになりますので、データさえあれば自分のオリジナルとすることも可能ですし、色などはもちろん既製品を選ぶことも可能です。塗装と同じように、同じ色ではあっても例えばメタリック、カーボン、マットといった色調を選択することもできます。ラッピングフィルムを貼るとなると、耐久性がまずは気になることでしょう。

一般的なビニールフィルムなどが、爪でひっかいたりすることにより傷ついてしまうのと同じようなことにならないかということですが、さすがに車に貼って屋外で用いるという点から、ある程度の耐久性は確保されています。多少爪で引っかいたくらいで傷ついたり剥がれたりするようなことはありませんし、洗車もごく普通に行えます。

ラッピングの利点の一つとして、元の塗装に戻したくなった場合には比較的容易に戻せるということが挙げられます。糊で貼りはしますが、その糊も含めて容易に剥がすことができます。これは、単にボディカラーを元に戻したくなったときだけではなく、別のラッピングを楽しみたいと思ったときや、あるいは売却の際にも有効でしょう。下手にドレスアップすることで下取り価格に影響するということを無くせるからです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *